カードローン申し込み時の在籍確認は派遣元に行なう

カードローンの申し込みを行なう際には、派遣社員として勤務していると、在籍確認に出向先を書いてしまいがちです。
しかし、派遣社員にとって出向先は常に変わるだけでなく、雇用契約を結んでいるわけでは無いので、勤務先として記入することは無いはずです。
カードローンの審査を行なう際には、特別な指定が無い限りは派遣元会社を勤務先として申請して、在籍確認電話についても派遣元に対して行なうことが正しい方法です。

銀行と消費者金融のカードローンでは、審査方法や基準が異なるので一概に比較は出来ませんが、消費者金融の一部には派遣元と出向先の両方を連絡先として登録を迫る所があります。
派遣社員の中には、消費者金融からの連絡により出向先から不審に思われてしまう可能性があるので、出向先への在籍確認連絡を行なうカードローンについては、最初から申し込まないことが賢明です。

雇用関係は、派遣元と本人の間で締結されており、出向先との雇用関係が無い点を理解してもらえる金融業者を選んでおけば、万が一のトラブル発生時にも論理的な説明を行なえば理解して貰いやすいと判断出来ます。
カードローンを提供している金融業者の数は多いので、自分に合ったカードローンを選ぶことが何よりも大切だと知っておくと良いです。